トップ > 環境を考えた輸送

環境を考えた輸送
モーダルシフト
エコレールマーク
お問い合わせ
環境を考えた輸送
このままでよいのでしょうか。
環境問題と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?地球温暖化、異常気象、京都議定書、大気汚染・・・・最近、特に大きくクローズアップされています。

いまや地球温暖化の主因とされる二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOx)の排出量削減が地球的規模で議論されています。我が国でも総合物流施策大綱(2013−2017)が閣議決定され物流の効率化の重要性とさらなる環境負荷低減に向けた取り組みが示されています。
環境負荷の少ない鉄道・内航海運の輸送力強化とモーダルシフトの推進、トラック、船舶、鉄道等の省エネ化等もその一つです。

その他マスコミや消費者等のエンドユーザーも環境問題に敏感になっており、例えば高校入試に「エコレールマークとは?」という問題が採用されたりしています。どんな企業や教育機関も環境問題に無関心ではいられない時代になって来たのです。
CO2排出量は、営業用トラックの約10分の1
貨物鉄道輸送は、地球温暖化や光化学スモッグ、酸性雨などの原因となる大気汚染物質を排出する量が、他輸送機関に比べて格段に少なく、さらにエネルギー効率にも優れています。
まさに、環境にやさしい輸送モードなのです。
トラックから鉄道へシフトした一例
  輸送区間 年間輸送量
(トン)
片道鉄道
輸送距離
(km)
CO2削減量
原油換算
(kl / 年)
発駅 着駅
A社 新座(タ) 福岡(タ) 2,300 1,201 69
B社 越谷(タ) 梅田 4,260 573 341
貨物輸送機関CO2排出量(1トンの荷物を1Km運ぶのに排出するCO2の比較)
参考:『国土交通省総合政策局環境政策課ホームページ
「運輸部門における二酸化炭素排出量」2015年版』
モーダルシフト エコレールマーク エネルギー消費量・CO2排出量試算