トップ > 環境を考えた輸送 > モーダルシフト

環境を考えた輸送
モーダルシフト
エコレールマーク
お問い合わせ
モーダルシフト
もっとも環境にやさしい貨物輸送という概念。
人と自然にやさしいモーダルシフト
トラックによる長距離輸送は、高速道通行料、燃料費、人件費等の高騰、労働力不足、排気ガス、交通渋滞、交通事故、道路破壊等により、環境問題やエネルギ-問題など社会的要請への対応を図ることが大きな課題となってきています。

また、地球温暖化の防止などに向け、環境面への負荷の小さい輸送手段が求められています。発着両端のトラックの特性を活かしつつ、長距離部分を鉄道に移し替えるモ-ダルシフトは、環境を考える企業の常識となりつつあります。
モ-ダルシフトに応える鉄道輸送
日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)は、鉄道の持つ安全性、確実性、低廉性、大量性、無公害性等の長所を活かしてトラック貨物を受け入れるため、コンテナの高速列車を走らせています。日本フレ-トライナ-株式会社(FL)はJR貨物の子会社で、これらの列車を取扱う(販売する)代理店です。荷主・トラック会社や物流会社の皆様が鉄道を利用する際の窓口となっています。